収入と費用、利益の目標値

初期投資と資金調達の組み合わせを考えたら、今度は収入、費用、利益などの目標値を設定しましょう。金融機関などから資金調達、つまり借入する際には、「使い途」と「返済の可能性」が重視されるのはお分かりいただけるでしょう。使い途は、初期投資の内容で説明できますので、併催の可能性をこの収入、費用、利益の目標値で示しましょう。


返済がきちんとできることを示す

収入、費用、利益の目標値を示すことは、金融機関や外部の利害関係者に対して、「返済がきちんとできること」「事業を継続できること」を理解してもらうことに繋がります。

次のような表を埋めていくといいでしょう。

 

売上高について

売上高は、できれば企業全体としての売上高、そしてその内訳になる既存事業の売上高と新規事業で上げていく売上高に分けて書けるといいでしょう。可能ならば、その計算根拠もあるといいでしょう。B2Bであれば、顧客C社から年間〇〇万円+顧客D社から年間〇〇万円といった具合です。B2Cなら、客数と客単価の予想を書きましょう。

 

売上原価・製造原価について

こちらも企業全体としての原価を記載したいところです。

できれば、既存事業と新規事業を分けて書きましょう。既存事業と新規事業の原価率が違う場合は、特に気をつけて書きましょう。

販売管理費について

新規事業を始めるにあたって、人材の獲得や広告などの費用、運賃や新たに発生する家賃などがありますか。現状の販売管理費内で対応できるなら、同じような金額を横滑りでも構いません。が、よく考えてみましょう。



本来は、利益から売上目標を作る

上記の計画数値では、売上目標から順番に下に下がってきましたが、本来は、獲得したい「営業利益」または「経常利益」の額から逆算して売上目標を作るのが良いでしょう。

そうすることで、「どのくらいの売上を作らないと儲からないのか」がわかります。その方が経営的にはきちんとした目標と言えるのではないでしょうか。

数字の計画ができあがったら、課題などの設定をしていきましょう。