中小企業への経営支援 >> トップページ
中小企業診断士のインターンシップにご協力下さい

無料で第三者の立場からの「企業診断」「改善提案」を受けてみませんか。

私たち中小企業診断士は1次試験、2次試験の筆記試験を受験した後、面接を経て、仮免許のような状態になります。この状態では、中小企業診断士と名乗ることはできませんし、経済産業省に登録することもできません。

最後の条件として、「実務経験を積む」必要があります。

この実務経験を積むために、登録済みの中小企業診断士の支援を受けながら、実際の中小企業様へ出向き、企業診断をさせていただかなければなりません。

そこで、中小企業の皆様にお願いです。このインターンシップとも言うべき、中小企業診断士の試験にご協力いただけないものでしょうか。詳しくは、次の資料をご覧下さい。ご質問もお受けします。

実務補習事業パンフレット(KAITS独自版)
実務補習事業説明資料(KAITS独自版)


中小企業への経営支援
■行政支援策等
専門家派遣事業、平成25年度公開されました
東京都中小企業振興公社のホームページによると、表題の専門家派遣事業の平成25年度分に関する情報が公開されました。専門家派遣事業は、経営の専門家である中小企業診断士などを都内中小企業に派遣することによっ...






■顧客の声・事例
目標達成のための道筋

Copyright